アルプスから高尾山

国際結婚しスイスに5年住んで帰国した主婦が日本とスイスのギャップに弄ばれる

MENU

国際結婚

【バイリンガル子育て】なかなか攻めてるフランス語の絵本

私がハーフの子供を連れているとよく聞かれることがある。 それは「家では何語で話しているのか」ということ。 国際家族の言語事情 私:母国語は日本語。子供たちに日本語で話し、主人にはブロークンなフランス語で話す。主人:母国語はフランス語。子供たち…

国際結婚と災害 そして家族

日本人が外国人と結婚すると、多くの場合、自分か相手、もしくはその両方が自分の親や兄弟たちと離れた生活を余儀なくされることになる。 親に反対されて駆け落ちするなら話は別だが、そうでなければ結婚する前によく考えて家族と話し合っておきたいところだ…

多言語国家スイス そしてスイス人とフランス人の不思議な関係

私のスイス人の旦那はよくフランス人の友達と遊んでいる。 先日もそんなフランス人友達の中の1人の家に招待され、家族みんなで遊びに行った。 欧米人が大好きな『ホームパーティー』というやつである。旦那はスイスのフランス語圏の出身で、同じ言語を話すフ…

国際結婚あるある 日本語が出てこない

私と旦那は息子達のために家の中ではフランス語で会話することにしている。 スイスにいたころは基本的に日本語で会話をしていた。スイスではいくら夫婦間の会話が日本語とはいえ必然的にフランス語で話す機会が増え、その当時は仕事もしていたので尚更のこと…

ユニクロとGUのレジの話で拗れる

週末、久しぶりにユニクロで買い物をした。 下着や靴下などが入ったカゴをレジに持っていくと、店員はそれらをカゴから取り出し「計5点で◯◯円でございます」と言った。 何か手順が抜けたような、テンポが狂う感覚があった。 あれ、最近の日本のレジのバーコ…

夏が来るぅ~ そして奴も来るぅ~

今日はここ最近にしては暑すぎず比較的過ごしやすい天気だった。 夏の前に梅雨が来ることなんて忘れて私の心はやたら夏モード。alpestakao.hatenablog.com しかしこれからの季節、私にとって楽しみも増えるが心配事も増える。 夏の嫌われ者 人々は夏というと…

国際結婚の醍醐味 言葉の壁

先日、夫婦間のコミュニケーションに関する記事を書いたばかり。 alpestakao.hatenablog.com その中でコミュニケーションがうまく行かない原因を“言葉の壁以外”で挙げたばかりだが、私たち夫婦に言葉の壁は、もちろんある。 話が噛み合わない 私はブログに旦…

国際結婚 侵される食生活

今朝、長男が一口分だけ食べ残したトーストを何も考えず口に放り込んだところ、その強烈な甘さと重さに意識が遠のいた。 これは焼いた食パンに旦那がバターとハチミツを塗ったものだった。 たかがトースト。 しかしながら心とお口の準備が出来ていない状態で…

夫婦間のコミュニケーション 相手に話が伝わっている確率は体感2分の1以下な理由を考察する

近頃よくあるのが旦那に伝えたはずのことが伝わっていないということ。 ちなみに旦那は外国人だから言葉の壁がっていう以前の話。私「この前も言ったけど、今日の夜は歯医者に行くから子供たちよろしくね」 旦那「え?そうなの?初めて聞いたけど。わかった…

10年以上前のことでもいいなら #Me Too だった件

ここのところメディアで毎日のように『セクハラ』という言葉を耳にする。 今までの私の人生ではあまり縁の無かったもののように思う。いや、思い起こせば一度だけ今考えたらセクハラと言っていいかもしれないことがあったな、そういえば。 すっかり忘れてい…

ハーフあるある②

最近は何かとチヤホヤされることが多いハーフという存在。 これはテレビで活躍するハーフのモデルやタレントの方々のおかげではなかろうか。 今はとっくに成人しているハーフの方で子供の頃は学校でいじめられたという話を聞くことも珍しくない。 私と旦那も…

我が家でも事件は起きる

旦那の両親がやってきた。 ※イメージです 我々の住む決して広くはないアパートに2週間泊まることに。 来る前から何かしらあるだろうと思っていたが、早速ちょっと面倒なことがあった。義母の天然ぶりを垣間見るにはぜひ下記のブログをご参照いただきたい。 a…

スイスの家庭料理って何?

今日、帰国後知り合った友達にスイスの家庭料理は何かと聞かれた。答えが出ずに5秒間も黙ってしまった。 スイスといえば何?と聞かれれば、もう何十回と答えた単語がすぐに何個か出てくる。まずはチーズ。 スイスを代表するチーズといえば日本語で表記&発…

旦那の実家で事件は起こる

嫁姑問題は犬も食わない。義理の両親とうまく付き合っていくにはどうしたらよいのか。 これは人類の永遠のテーマだろう。元々の性格の合う合わないもあるだろうが、国際結婚だとやっぱハードル上がるっしょ。 いや、逆に違いすぎて諦めがつくパターンもある…

ハーフの子供あるある①

日本でハーフの子供を連れて歩いていると本当によくまわりの人に声をかけられる。 といっても、ハーフでない子と出歩いたことがないのでもしかしたら子連れならハーフでなくとも声をかけられやすいのかもしれないが。 長男は顔は私にそっくりだが髪の毛が茶…